月刊KONMA08

『週末息子と見る映画』のKONMA08の趣味の世界へようこそ♪

新実のとびら Vol.01

これは『月刊KONMA08』の過去記事をカテゴリー別に分け記事も再編集したものです。

 

新実のとびら Vol.01

みなさん御存じフェルト界の『伝説の妖精』ことkaorinさんのブログです。

この記事に

『悪い噂だって そこだけを切り取ってしまうと

 背景が見えず 誤解を招いてしまいそう』

と、いう文章がありました。

kao-kao.hatenablog.jp

こちらkaorinさんのブログです。

とにかく『キュン』です。

読んだあと心晴れ晴れになります。

これはひとえにkaorinさんのお人柄。

 

前からニュースでもTVでも自分なりに見えない部分を想像するのが好きでした。

たとえば先日あった、このニュース(ちょっと古いかな?)

『昨年9月のカヌー日本選手権でライバル選手の飲み物に薬物投与』

投与された選手は、その投与した先輩選手を尊敬し、しかも誰かに投与されたことを先輩選手に相談していた。

その先輩選手は以前にも破壊工作など様々な問題も起こしていた。

このことを踏まえ私なりに想像してみた。

…以下の文章はあくまでも私の妄想です。

 

ーーー居酒屋ーーー

カヌー選手の期待のホープAと先輩Bが酒を飲んでいた。

A「ホント!マジおれ…どうすりゃいいんだ」

B「気持ちは分かるけど飲みすぎだぞ」

A「先輩は何も分かってないっすよ。

  東京のオリンピックに出れないんすよ!」

B「……」

A「自分の生まれた国でのオリンピックなんて…

  生きてるうちに、もうないですよ…。

  なのにオレ……」

B「オ、オレが……」

A「え?」

B「オレが何とかしてやるよ……」

 

ーーー記者会見場ーーー

『私がやりました…』

カヌー協会会長がコメントする。

会長「と、Bは自らの犯行を認め……」

 

A「……え?」

記者会見を呆然と見るA。

 

と、こんな感じな事があったのではないかなぁと。

そこに私はさらに、こう妄想した。

上の文章に色の付いてる文字が足した文です。

 

ーーー居酒屋ーーー

カヌー選手の期待のホープAと先輩Bが酒を飲んでいた。

A「ホント!マジおれ…どうすりゃいいんだ」

B「気持ちは分かるけど飲みすぎだぞ」

A「先輩は何も分かってないっすよ。

  東京のオリンピックに出れないんすよ!」

B「……」

A「自分の生まれた国でのオリンピックなんて…

  生きてるうちに、もうないですよ…。

  なのにオレ……」

B「オ、オレが……」

A「え?」

B「オレが何とかしてやるよ……」

 

ーーーカヌー協会・会長室ーーー

会長と話すB

会長「何しに来た!」

B「お願いです…Aを…」

会長「何がお願いだ!

   今までお前が何をしたか分かっておるのか!」

B「でも…」

会長「破壊工作、万引きに恐喝…」

B「お願いします!

  あいつはこれからの日本のカヌー界を背負っていく奴なんです!

  あいつがオリンピックに出れないなんて…」

会長「そんなことは分かっておる!

   どうしようもないんだ!!」

B「お願いします!

  オレ、何でもしますから!!」

会長「本当に何でもするのか?」

B「ええ。それでAがオリンピックに出れるのなら」

ニヤリとする会長。

会長「…では言ってほしい言葉があるんだが…」

と、言ってBに耳打ちする会長。

B「えっ…」

会長「どうするかね? 言ってくれるかね?」

B「……」

 

ーーー記者会見場ーーー

『私がやりました…』

カヌー協会会長がコメントする。

会長「と、Bは自らの犯行を認め……」

 

A「……え?」

記者会見を呆然と見るA。

 

どう思いましたか?

見えてるモノだけが真実とは限りません。

世の中には誰かを庇うためにウソをつき刑罰を受けてる人もいます。

何が真実なのか…それは、その人本人しか分からないのです。

今月のプリキュア 2018 1月

これは『月刊KONMA08』の過去記事をカテゴリー別に分け記事も再編集したものです。

 

今月のプリキュア 1月

なぜ『プリキュア』なのか…?

始まりはサラ姐さんのブログのこの記事でした…。

bougen.hatenablog.jp

 こちらサラ姐さんのブログ。

私は毎回このブログに色気を感じ酔ってしまう。

もう一つ音楽のブログもされていて

そこで私は音楽の世界をDJサラに植え付けられてます。

 

さて、この『プリキュア』とは限りなく縁のなさそうなサラ姐さんが実は好きだったということが発覚。

話の流れで私も『プリキュア』を見ることを約束してしまった。

「ハッ…しもた」

これが本音である。

娘も見なかった『プリキュア』。

この歳で見てるのはFUJIWARAの原西(幼稚園の同級生)ぐらいと思っていた。

「約束は約束や。よし」

と、気合を入れて見た。ら…

最終回でした…「アラモード」

今までのシリーズが、そうだったのかは知りませんが次回から始まる新シリーズの主役がしっかりと出て一緒に戦ってたのには少し『おぉ~』

www.asahi.co.jp

この『HUGっと!プリキュア』はプリキュア生誕15周年作品。

赤ちゃんをおんぶしてたので

プリキュアもついにママさんか?』…と。

少し気合を入れて見てやろうと思ったのでした。

みなさんもご一緒にどうですか?

旅人物語 第一話

これは『月刊KONMA08』の過去記事をカテゴリー別に分け記事も再編集したものです。

 

旅人物語 第一話

はてなブログを書き始め様々な方のブログを読むようになった。

そこでコメントなどをしてるうちに色々な呼び方をされるようになり、こちらも呼ぶようになった。

そんな中…1人のブロガーみ~さんに何がきっかけだったのか忘れてしまったが、いつの間にか『旅人さま』と呼ばれるようになる。

miepallum.hatenablog.com

こちらみ~さんのブログ。

サクッと読めて毎回ぽわぁ~んとホッこりしてしまう私。

最近PS4の『ペルソナ』にハマっておられます。

 

そんなやりとりをしてると頭の中に『旅人』がインプットされ寝袋片手に1人旅をしていた頃を思い出すようになった。

あの頃私は日記をつけていた。

18歳の青春まっただ中のあの頃。

久しぶりに手に取り読み直す…

f:id:konma08:20180121141827j:plain

『ぼくの人生の中の ほんの一瞬の出来事が ここに書きこまれる』

こんな書き出しで始まる私の日記は1989年1月1日の出来事から書かれていた。

ちょうど高校3年生の冬休み。友達の紹介で信州は志賀高原のスキー場のホテルでのアルバイトのことから始まり学生時代のこと、己の恋愛歴など読み直すとこっ恥ずかしい文章と誤字脱字の嵐に『小学1年生の三男の作文と同じやん』と笑い30年近し前のことを懐かしく思い出す。

そんな日記の私はある人と出会い18歳の夏にあることを決意する…

 …つづく