月刊KONMA08

『週末息子と見る映画』のKONMA08の趣味の世界へようこそ♪

01号 創刊です!!

いらっしゃいませ。

本日は『月刊KONMA08』にお越し下さいまして大変ありがたく存じます。

 とうとう創刊しました。

はてなブログにて私のもう一つのブログ『週末息子と見る映画』というのを書いております5児の父KONMA08と申します。

昨年9月より初めてブログというものを書きました。

その中で様々な人と出会い様々なブログに触れ刺激を受けました。

大した才能もないのに映画以外のことも書きたくなり今回こうして別ブログを創刊する運びとなりました。

自分でも何ができるか分かりませんが少しずつ前に進んで行きたいと思いますのでこれからも長い目で見てやって下さいませませ。

 

 

 ~もくじ~

自己紹介  

『週末息子と見る映画』から来られた大変ありがたい方もいると思いますが改めて自己紹介から始めたいと思います。

   こちらです。いつでも遊びにきて下さい↴

konma08.hatenablog.com

氏:KONMA08(男)

ブログ内では『広瀬スズ似のおっさん』とか『ガガ風のボディーラインを持つ男』とか呼ばれたことはないですが『こんぱち兄さん』とか『こん兄ぃ』『兄さん』『おにい』『KONさん』『08父さん』やら『こうちゃん』『旅人』やら『旦那プロ』やら『踊るポコポコヘッド』とか呼ばれておりますので呼びやすい名で気軽にコメントしてみて下さい。

 

~名前の由来~

その昔。お酒を飲んだ友達の嫁さんが急に私のことを『こんま!こんま』と連呼し始めまして。

その後。後輩が『08やで。こんま08』と寝言で訳の分からんことを楽しそうに言ってたので頂戴して今の『KONMA08』が完成しました。

 

1970(昭和45)年生まれ 今年年男の戌年

 大阪生まれの大阪育ち。

小学生の頃から漫画家を目指すもマンガ科の専門学校で上には上がいることを知り自分の実力が分かり筆を置き挫折。

その後、自分の感性を磨くために日本国内をうろちょろするが28歳の時に母親に泣かれ天下の◎宝に映写技師として入社。

営業も兼ねて8年ほど勤務するが土日祝に休みがない等の理由から退職。

9ヶ月ほど就職活動をするも全然採用されず(40社ほど面接)

『オレは人間としておかしいのか?』

と、かなり凹むが当時2人の子供の笑顔に励まされ、なんとか今の会社に勤める。

後に3人の子供に恵まれ計5人の子供の父親となり今に至っている。

 

趣味:子供の観察

   地球に平和の種をまくこと

特技:ものまね(が、できないこと)

   人によいしょ(が、できないこと)

   読解力(が、ないこと)

座右の銘笑う門には福来たる

 

あと何か知りたいことがあれば(ないでしょうが)どしどしコメントにて質問して下さいね。次号でお答えしますよぉ。

 

 では、そんな私が学生時代に旅立った物語をどうぞ。

 旅人物語 第一話

はてなブログを書き始め様々な方のブログを読むようになった。

そこでコメントなどをしてるうちに色々な呼び方をされるようになり、こちらも呼ぶようになった。

そんな中…1人のブロガーみ~さんに何がきっかけだったのか忘れてしまったが、いつの間にか『旅人』と呼ばれるようになる。

miepallum.hatenablog.com

こちらみ~さんのブログ。

サクッと読めて毎回ぽわぁ~んとホッこりしてしまう私。

最近PS4の『ペルソナ』にハマっておられます。

 

そんなやりとりをしてると頭の中に『旅人』がインプットされ寝袋片手に1人旅をしていた頃を思い出すようになった。

あの頃私は日記をつけていた。

18歳の青春まっただ中のあの頃。

久しぶりに手に取り読み直す…

f:id:konma08:20180121141827j:plain

『ぼくの人生の中の ほんの一瞬の出来事が ここに書きこまれる』

こんな書き出しで始まる私の日記は1989年1月1日の出来事から書かれていた。

ちょうど高校3年生の冬休み。友達の紹介で信州は志賀高原のスキー場のホテルでのアルバイトのことから始まり学生時代のこと、己の恋愛歴など読み直すとこっ恥ずかしい文章と誤字脱字の嵐に『小学1年生の三男の作文と同じやん』と笑い30年近し前のことを懐かしく思い出す。

そんな日記の私はある人と出会い18歳の夏にあることを決意する…

 …つづく

 

てぃ・たいむ

みなさん。こちらの曲を御存じでしょうか?


打首獄門同好会「布団の中から出たくない」

どうです? 今の時期にピッタリの歌でしょ?

この曲。みんな大好き娘さんとお母さんのブログで紹介されてたんです。

もう子供達がハマってしまって私も毎朝この曲から始まってます。

長女(小3)三男(小1)末っ子(4歳)がイントロでハワイアンダンスのような踊りをしサビの『さむい』で暴れまわり『キャハハハハハ』と笑っております。

動画とかUPできたらとか思いましたが…。 

www.micyan-ucyan.work

 こちら娘さんとお母さんのブログ。

御存じの方は多いので説明は不要かと思いますが家族の仲の良さにホッこり。

スプラトゥーン』にハマてます。

人格者お母さんの言葉やさりげないコメントの気配りに感動しております。

 

 

私とまんが その1

 兄の影響もあり小さな頃から手元には『少年ジャンプ』がありました。

様々な連載漫画(記憶にあるのは『リンかけ』『テニスボーイ』『ドーベルマン刑事』『すすめパイレーツ』など)の中から一際大人の雰囲気を醸し出していたのがこの作品…

左腕にサイコガンを持つ男『COBRA』です。

f:id:konma08:20180128220812j:plain

TVアニメや劇場長編アニメにもなった作品なので御存じの方も多いのではないでしょうか?

宇宙一の海賊ギルドを相手に1人戦うコブラ

ズバ抜けた運動能力とピンチにかますジョーク。

悪い奴には強いけど美女にはめっぽう弱い。

そんな一匹オオカミなコブラの冒険活劇の数々。

少なくとも私ら世代の男なら誰しもが一度は左腕をサイコガンにしたいと思ったハズ!

何よりも作者である寺沢武一が描くイラスト(特にカラー)が凄い!

世界に先駆けCGで本格的にマンガを描いたのも武一。

連載当時のコブラをCGで色を付けたオールカラー版は百見の価値ありです。

 こちらdansyaku3rdさんも『COBRA』を熱く語っております↴

dansyaku3rd.hatenablog.com

こちらのdansyaku3rdさんのブログ。

とても懐かしいマンガのことを熱く語ってくれてます。

私はしょっちゅう『あ~あった!あった!!』って叫んでます。

 

寺沢武一公認でハリウッド実写化の話が2013年にあってメチャメチャかっちょええポスターが話題になったんやけど…どこへ…。

さて次回は何のマンガを取り上げようかな。

 

新実のとびら Vol.01

みなさん御存じフェルト界の『伝説の妖精』ことkaorinさんのブログです。

この記事に

『悪い噂だって そこだけを切り取ってしまうと

 背景が見えず 誤解を招いてしまいそう』

と、いう文章がありました。

kao-kao.hatenablog.jp

こちらkaorinさんのブログです。

とにかく『キュン』です。

読んだあと心晴れ晴れになります。

これはひとえにkaorinさんのお人柄。

 

前からニュースでもTVでも自分なりに見えない部分を想像するのが好きでした。

たとえば先日あった、このニュース(ちょっと古いかな?)

『昨年9月のカヌー日本選手権でライバル選手の飲み物に薬物投与』

しかも投与された選手は、その投与した先輩選手を尊敬し、しかも誰かに投与されたことを先輩選手に相談していた。

その先輩選手は以前にも破壊工作など様々な問題も起こしていた。

このことを踏まえ私なりに想像してみた。

…以下の文章はあくまでも私の想像です。

 

ーーー居酒屋ーーー

カヌー選手の期待のホープAと先輩Bが酒を飲んでいた。

A「ホント!マジおれ…どうすりゃいいんだ」

B「気持ちは分かるけど飲みすぎだぞ」

A「先輩は何も分かってないっすよ。

  東京のオリンピックに出れないんすよ!」

B「……」

A「自分の生まれた国でのオリンピックなんて…

  生きてるうちに、もうないですよ…。

  なのにオレ……」

B「オ、オレが……」

A「え?」

B「オレが何とかしてやるよ……」

 

ーーー記者会見場ーーー

『わたしがやりました…』

カヌー協会会長がコメントする。

会長「と、Bは自らの犯行を認め……」

 

A「……え?」

記者会見を呆然と見るA。

 

と、こんな感じな事があったのではないかなぁと。

そこに私はさらに、こう妄想した。

上の文章に色の付いてる文字が足した文です。

 

ーーー居酒屋ーーー

カヌー選手の期待のホープAと先輩Bが酒を飲んでいた。

A「ホント!マジおれ…どうすりゃいいんだ」

B「気持ちは分かるけど飲みすぎだぞ」

A「先輩は何も分かってないっすよ。

  東京のオリンピックに出れないんすよ!」

B「……」

A「自分の生まれた国でのオリンピックなんて…

  生きてるうちに、もうないですよ…。

  なのにオレ……」

B「オ、オレが……」

A「え?」

B「オレが何とかしてやるよ……」

 

ーーーカヌー協会・会長室ーーー

会長と話すB

会長「何しに来た!」

B「お願いです…Aを…」

会長「何がお願いだ!

   今までお前が何をしたか分かっておるのか!」

B「でも…」

会長「破壊工作、万引きに恐喝…」

B「お願いします。あいつはこれからの日本のカヌー界を背負っていく奴なんです!

  オリンピックに出れないなんて…」

会長「そんなことは分かっておる!

   どうしようもないんだ!!」

B「お願いします!

  オレ、何でもしますから!!」

会長「本当に何でもするのか?」

B「ええ。それでAがオリンピックに出れるのなら」

ニヤリとする会長。

会長「…では言ってほしい言葉があるんだが…」

と、言ってBに耳打ちする会長。

B「えっ…」

会長「どうするかね? 言ってくれるかね?」

B「……」

 

ーーー記者会見場ーーー

『私がやりました…』

カヌー協会会長がコメントする。

会長「と、Bは自らの犯行を認め……」

 

A「……え?」

記者会見を呆然と見るA。

 

どう思いましたか?

見えてるモノだけが真実とは限りません。

世の中には誰かを庇うためにウソをつき刑罰を受けてる人もいます。

何が真実なのか…それは、その人本人しか分からないのです。

 

今月のプリキュア 1月

なぜ『プリキュア』なのか…?

始まりはサラ姐さんのブログのこの記事でした…。

bougen.hatenablog.jp

 こちらサラ姐さんのブログ。

私は毎回このブログに色気を感じ酔ってしまう。

もう一つ音楽のブログもされていて

そこで私は音楽の世界をDJサラに植え付けられてます。

 

さて、この『プリキュア』とは限りなく縁のなさそうなサラ姐さんが実は好きだったということが発覚。

話の流れで私も『プリキュア』を見ることを約束してしまった。

「ハッ…しもた」

これが本音である。

娘も見なかった『プリキュア』。

この歳で見てるのはFUJIWARAの原西(幼稚園の同級生)ぐらいと思っていた。

「約束は約束や。よし」

と、気合を入れて見た。ら…

最終回でした…「アラモード」

今までのシリーズが、そうだったのかは知りませんが次回から始まる新シリーズの主役がしっかりと出て一緒に戦ってたのには少し『おぉ~』

www.asahi.co.jp

この『HUGっと!プリキュア』はプリキュア生誕15周年作品。

赤ちゃんをおんぶしてたので

プリキュアもついにママさんか?』…と。

少し気合を入れて見てやろうと思ったのでした。

みなさんもご一緒にどうですか?

 

次号予告

最後まで読んで下さりありがとうございます。

如何でしたでしょうか? まだまだ模索してるところであります。

デザイン的にも技術的に間に合わず只今勉強中ですので毎回微妙に変化していくかと。

また、み~さん。だんしゃくさん。カオリンさん。サラ姐さん。

今回お断りもせずに勝手にブログを掲載しちゃいました。

申し訳ございませんでした。

さて次号は2月28日(水)に更新予定をしております。

お時間のある時にでも遊びに来て下さいね。

また「こうした方がいい」とか「ああいうネタがあれば」など御意見じゃんじゃん宜しくです。